ブログトップ

こばやし家のふたりごと(2)

yashikoba.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鎌倉って、どうやって行くんでしたっけ?

a0153514_23382047.jpg

結婚式の翌日、
友人たちは仕事や
デートと忙しそうで
兄に連絡しても、
つながらず…。

ふう、ひとりで
鎌倉にでも行こうと
まずはゆりかもめに…。
それにしても
ゆりかもめって
運転手いないってことは
どこかで制御されているんだよね…。
変な世界…
アナログな私は
別に運転していなくても
形として、
運転手的な人がいるほうが
安心するんだけどな…。

そんな事はどうでも良いや。
新橋〜銀座をぶらぶらしてから
新宿へ。
記憶の中で鎌倉に行くはずの路線は
どこも鎌倉に繋がっておらず、
交番で聞きましたよ…
「すいません、鎌倉行きたいんですけど…」
「えっ、何?」
そうそう、関東の言葉って
なんだかイラッとするの
忘れてました。
気持ちが感じられないというか
温かさがないというか、
まぁ、だけど親切に教えてくれて
たどり着きました、鎌倉。
もちろんその理由は
うなぎです。

鎌倉・・・うなぎ?
繋がらないでしょ、、
でもでも、鎌倉っていえば
私たち夫婦にとっては
たぶんうなぎです。
「つるや」さんは
鎌倉ではとっても有名なうなぎ屋さん。
a0153514_2339539.jpg

でも、ご注意を。
注文→うなぎを捌くところからスタートするので
焼き上がって、テーブルに届くまでは
40〜50分はかかります。
お腹が空いて、すぐ食べたいと思ったら
別の場所に行きましょう。
でも、ここのうなぎ。
40〜50分も待ってでも私は食べたい。
身のふっくらさ、ご飯と甘いタレの相性…
私の全国うなぎランキングで
未だダントツの一位です。
ちなみに
お店に入っても
お店の人はでてきません(テキトーか?)
ご主人は暖簾の向こうで
あきらかにテレビ見てるし(テキトーか?)
でも、味は繊細で
食べながら…
あぁ、もうすぐ無くなっちゃうって
食べるのが勿体なくなっちゃうんですよね。
a0153514_2339172.jpg

ちなみに写真は
来た瞬間にテンションがあがって
半分食べるまで写真撮るの忘れてました。

満腹になったので
鎌倉の街をぶらぶら。
a0153514_23394820.jpg

路地から路地へ、
細い小道や
地元の人しか通らないような道を
どんどん進んでいくと
…そう、もう迷子です。
知らない場所で
迷子になるのって…
とっても楽しいんです。
ヤバいなぁ、どうしよう、
帰れるかな…でも、進みたい…
街の冒険は迷子になって初めて
その楽しさが分かると
私は思うんですけど、変かな?
まぁ、変っていわれても
この癖は変わらないと思う。

だれか迷子癖の人いません(笑)?
a0153514_23412738.jpg

[PR]
by kobayashi_futari | 2010-10-24 23:54 | 夫のひとりごと

大切なのは、中身なんだけど…。

a0153514_23192363.jpg

友人の結婚式で
会社をお休みさせてもらい
東京に行ってきました。
東京駅を降りて、
ゆりかもめに乗るために
新橋駅へ。
なにかが頭の中で
カチッ。

浪人時代に
初めて行った東京で
兄がその頃行っていた
大学の人たちとの飲み会に
ここになぜか連れてこられたこと…。
心細くて、居場所がなくて、
それでいて、兄と一緒だと恥ずかしくて
いろんな事が不安だった…。
とくに理由もなく
そんな事を思い出しました。

東京は私にとっては、
やっぱり浪人時代の思い出が多い街。
何でもあるのに、手にいれるようと思うと
すり抜けていってしまうような感覚…
きっとまだ、その頃のことが
東京に来ると思い出してしまうのかもしれません。

久しぶりに会う
高校時代の友人は、
彫刻科だったのにゲーム会社、
油絵科だったのに広告会社、
デザイン科だったのに、アニメーション…
さすが…バラバラでそれがまた良い感じ。

好きなことって、
芯の部分が同じなら
繋がっていないように見える事も
実は本人にとってはしっかり繋がっている。
うん、そんな私も油絵科だったのに
広告作っているもんな(笑)。

それにしても、
一番最初に結婚すると思ってた友人は
まだひとりで、、
ブラジリアン柔術使いになってるし、、
彼はどうなるのでしょう…。
楽しみ、楽しみ。
[PR]
by kobayashi_futari | 2010-10-24 23:20 | 夫のひとりごと